今時のタレント養成所

俳優オーディションでは演技以前に感性や感受性および個性に加えてテレビ写りの善し悪しも見られる事がしばしばで、実は演技力はあまり問題視されない事が多いのです。連続テレビ小説のオーディションに合格した新人女優が後ほど告白していた事の中に、“他の人が普通やらないような大胆不敵でちょっと恥ずかしい行動をやって見せた”というのがあるように、どのような環境下でも物怖じしない精神的な図太さを求められる事も多々ありますし、役柄に応じて柔軟に自分を表現できる力や個性は特に重宝されますから、ちまたで言われるようなルックスだけではない事がわかります。

タレント養成所ではオーディション対策も伝授してもらえますし、同期生との切磋琢磨したレッスンから、今まで気付かなかった自分らしさや可能性に気付かされる事もあります。メリットが多い養成所へ入所するには書類選考と実技試験とを含めたオーディションで選抜されなければならず、そこで養成所の方向性にあったキャラクターかどうかを審査されます。

養成所によって求められているものが違いますから、自分が目指す方向性にあった養成所を探すのが賢明です。映画会社直属の養成所の中には時代劇もこなせるための特別なレッスンが設けられているケースもありますし、別の養成所ではミュージカル俳優や声優を多く輩出しています。ある養成所でのメーンはお笑い業界でも活躍できるような明るいキャラクターを求められているというように、同じタレント養成所でも様々ですから、納得できるレッスンが受けられるところを探してみましょう。憧れスターが主宰の養成所を目指すのも考え方の1つです。