俳優オーディション

俳優・女優をめざす人の多くは劇団への入団か芸能事務所への就職を考えますが、目標をどこに置くかで方向は変わってきますから、何をしたいのかをまず考えてから進んでみるのが賢明ですし、劇団と言った場合は舞台俳優が主流になるのに対して、芸能事務所は俳優業も含めて幅広い活動を視野に入れたシェアを志す場所です。多くの俳優人がテレビ以上に舞台に魅力を感じると発言しているように、直に観客の反応とふれあえる喜びを得る事ができますが、テレビや映画での演技になると舞台演技とは多少違ってきますから、慣れないと最初は強いとまどいをしばしば感じます。

本職は俳優でもナレーターやタレント業もしくは司会というように、演技とは直接関係のない仕事が回ってくる事もあります。特に芸能事務所に所属するとそうした事が繁茂に起きますし逆の場合もありますから、芸能界で活躍するにはマルチタレントにならないといけないのかとさえ思ってしまいます。スタッフ曰く俳優がだめでも歌でいけるあるいは司会でいけるようになるために、多種多様な分野にあえて挑戦させているのです。

どれもこれも所属タレントたちに少しでも活躍の場を提供したいという事務所の狙いもあるわけでして、俳優自身も表舞台へ一歩でも近づくためにオーディションに挑戦します。今をときめく名優たちの中には、何度もオーディションに落ちた苦い経験を踏みながらも、運をつかもうと日夜レッスンやアピールに励んでいます。スカウトを待っているだけではなかなか前に進めないですし、実力がものをいう世界ですから少しでもプロに認めてもらうために、養成所に通いながら劇団や芸能社への就職を目指すスターの卵たちも大勢います。養成所へ通うメリットは多々ありますから、最初の一歩として活用を検討してみる事は無駄になりません。